オザワ,イクミ   OZAWA, Ikumi
  小澤 伊久美
   所属   国際基督教大学教養学部 日本語教育課程(JLP)
   職種   課程上級准教授
研究期間 2007/10~2011/03
研究課題 オン・ゴーイング法とPAC分析法の活用による日本語教師の実践的思考の解明
実施形態 科学研究費補助金
研究種目名 基盤研究(C)
科研費研究課題番号 19529005
キーワード 日本語教育、教師、実践的思考、PAC分析、ビリーフ、SEM(構造方程式モデリング) 、プロトコル、新人教師と経験教師の比較
代表分担区分 研究代表者
代表者 小澤伊久美
概要 本研究では、新人日本語教師・経験日本語教師が日本語授業観察時に展開する実践的思考(授業に関する実践知を用いた思考)の解明を最終目標に、複数の手法による調査を実施した。具体的には教師に授業を見て感じたことを即興的に語ってもらって得たプロトコル、授業観察後のレポート、PAC分析法を活用したインタビュー、ビリーフ質問紙調査などを組み合わせ、新人・経験それぞれの傾向と各人の個性との分析を試みた。