カナザワ,ユウイチロウ   KANAZAWA, Yuichiro
  金澤 雄一郎
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
研究期間 2017/06~2020/03
研究課題 男子性犯罪受刑者に対する神経生物学的要因を考慮した再犯リスク評価尺度の作成
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 挑戦的研究(萌芽)
科研費研究課題番号 17K18703
キーワード 神経生理学的検査、再犯抑止、アイオワギャンブル課題、再犯リスク評価
科研費分類臨床心理学
社会心理学
代表分担区分 研究分担者
代表者 遊間 義一 兵庫教育大学, 学校教育研究科, 教授 (70406536)
概要 神経生理学検査,すなわちPC用英語(PEBL)版アイオワギャンブル課題(Iowa Gambling Task)(以下英語版IGTとする)を日本語化したPC用日本語版アイオワギャンブル課題(以下日本語版IGTとする)を開発し、以下の研究を実施した。 (1)大学生をランダムに日本語版IGT実施群と英語版IGT実施群とに割り振り,両者の得点等を比較した英語版IGTと日本語版IGTの同等性研究である。 (2)IGTを性犯罪受刑者に実施し,性犯罪以外で刑務所に入所した受刑者との違いを検討し,いくつかの指標で両群に有意な差があることを見いだした。 (3) 触法知的障害者の施設におけるAnger Control Training(以下ACTとする)の施設内逸脱行動に対する抑止効果が,日本語版IGTによる類型によって異なっているか否かの検証を行った。