(最終更新日:2016-09-12 18:47:42)
  イソザキ,ミキトシ   ISOZAKI, Mikitoshi
  磯崎 三喜年
   所属   国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 2001/05
(学位取得)
広島大学 博士(心理学)
2. 1976/04~1980/03 広島大学大学院 教育学研究科
■ 職歴
1. 2014/04~2016/03 国際基督教大学 大学院アーツ・サイエンス研究科 心理・教育学専攻主任 教授
2. 2012/04~2014/03 国際基督教大学 心理学デパートメント長
3. 2012/04~2014/03 国際基督教大学 大学院アーツ・サイエンス研究科 心理・教育学専攻主任
4. 2004/04~2008/03 国際基督教大学教育学研究科長
■ 現在の専門分野
社会心理学 (キーワード:友人関係ときょうだい関係の研究、自己評価維持と関係性維持の心理機制、社会的影響過程の研究(社会的促進、集団極性化)) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  きょうだい性格診断 (共著) 2016/02
2. 著書  きょうだい型人間学 (単著) 2014/10
3. 著書  現代心理学 (共著) 2012/09
4. 著書  心理学研究の新世紀2
社会心理学 (共著) 2012/02
5. 著書  心理学概論-学びと知のイノベーション-
「社会的状況の心理」 (共著) 2011/04
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2008/09 きょうだい関係と友人関係における自他の捉え方(日本心理学会第72回大会)
2. 2008/06 きょうだいの有無によるきょうだい意識と友人関係(日本子ども社会学会第15回大会)
3. 2007/09 きょうだい関係における自己ときょうだいに対する捉え方(日本心理学会第71回大会)
4. 2006/11 きょうだい関係に関する基礎的研究(日本心理学会第70回大会)
5. 2005/11 Sibling relationships and self-evaluation maintenance mechanism(The 2nd Graduate School of Education Student Forum(Seoul National University & International Christian University))
全件表示(6件)
■ 講師・講演
1. 2008/07 きょうだいと友人との関係から見えてくる自己
2. 2005/01 心理学と職業
■ 所属学会
1. 2004/04~ 紀要「子ども社会研究」 編集委員
2. 2003~ 日本子ども社会学会
3. 2000~ 日本社会心理学会
4. 1978~ 日本心理学会
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. 2006/08~ テレビ会議システムを用いた遠隔教育の実施 (岐阜大学大学院・集中講義「社会心理学特論Ⅱ」) 2006年8月
2. 2007/04~ WEB上でのヴァーチャル・クラスの公開 (国際基督教大学) 2007年4月
●作成した教科書、教材
1. 1996/05 マインド・ファイル
2. 2011/04 心理学概論-学びと知のイノベーション
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2005/04~ ICU硬式テニス部
全件表示(10件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 友人関係ときょうだい関係の相互関連とその心的メカニズムについての理論的・実証的検討
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   社会的影響過程の研究 個人研究 
2.   自己評価維持と関係性維持の心理機制 個人研究 
■ 科研費研究者番号
50135399