photo
    (最終更新日:2019-11-14 23:52:29)
  ササオ,トシアキ   SASAO, Toshiaki
  笹尾 敏明
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 1976/09~1979/06 ワシントン大学 心理学科 卒業 科学学士
2. 1979/06~1981/06 ワシントン大学 School of Education 教育心理学科 修士課程修了 教育学修士
3. 1981/09~1988/06 南カリフォルニア大学 心理学科 博士課程修了 哲学博士
4. 1983/09~1986/06 南カリフォルニア大学 医学部 予防医学コース
5. 1988/09~1989/06 カリフォルニア大学 ロスアンジェルス校 心理学科 修了 ポスドク
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 1985/09~1987/06 Staff Research Psychologist, 南カリフォルニア大学医学部 予防研究所
2. 1987/09~1988/06 Visiting Assistant Professor, メリーマウントカレッジ ー パロスヴァーディス 心理学科
3. 1988/05~1996/08 Assistant and Associate Professor of Research, カリフォルニア大学 ロサンゼルス校 心理学科・アジア系アメリカ人研究センター
4. 1988/09~1989/05 Adjunct Instructor, Biola University - Rosemead Graduate School of Psychology Department of Psychology
5. 1994/09~1997/03 Projet Manager, WestEd (Educational Research Think Tank) Human Development Division
全件表示(22件)
■ 現在の専門分野
社会心理学, 教育心理学, 教育学 (キーワード:コミュニティ心理学、予防科学、マルチ文化の諸問題、研究方法) 
■ 主要学科目
教育方法論、人間発達・社会的エコロジー、予防科学、平和教育、平和の社会心理学、メディア・アイデンティティ形成
■ 著書・論文歴
1. 著書  Doing Liberal Arts Education: The Global Case Studies   (共著) 2019
2. 論文  ICU 平和研究所 Korea-Japan Peace Forum & Trip 2018   (共著) 2019
3. 著書  よくわかるコミュニティ心理学   (共著) 2019
4. 論文  スロー・プロフェッサーを目指して:大学におけるスピード文化への挑戦 (Book Review of The Slow Professor: Challenging the Culture of Speed in the Academy, 2016) ICU Educational Studies 62 (単著) 2019
5. 論文  Disabilities in Context: Toward an Empowering Vision   (共著) 2018
全件表示(65件)
■ 学会発表
1. 2019/08 Is peace really teachable? Developing an ecological mindset for peace education in the Korean Peninsula and Beyond(International Forum on Peace Economy)
2. 2019/06 Ecological Praxis and the Natural World: Islands of the Pacific-Asia Region(the 17th Biennial Conference of Community Research & Action Conference)
3. 2019/06 Parental well-being and social connectedness among Japanese, Korean, and Filipino mothers in Japan: A Test of the Life Resources Model for Intervention Strategies and Policies(The 17th Biennial Conference of Community Research & Action Conference)
4. 2019/06 Putting the Chutzpa into the Future of Community Psychology in Japan: Ask not “What Can CP do for Me?” but Ask “What Can I do for the Field as a Community Psychologist?”(17th Biennial Conference of Community Research & Action Conference)
5. 2019/06 The future existence of community psychology as a discipline(17th Biennial Conference on Community Research & Action)
全件表示(26件)
■ 所属学会
1. 1985/09~ The Society for Community Research and Action
2. 1978/09~ American Psychological Association
3. 1988~ Association for Psychological Sciences
4. 1985/04~ 日本心理学会
5. 1995/04~ 日本グループダイナミックス学会
全件表示(9件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1999~2003/03  家庭・学校・地域間における「文化習熟度」の研究:コミュニティ心理学的視座 基盤(C) 
2. 1998/04~2002/03  心の教育のための境域トレーニングプログラムの開発 基盤C 
3. 2007/04~2011/03  学校力に着目した心の健康と発達支援の方策 基盤 B 
4. 2013/04~2017/03  在日/在外外国人コミュニティにおけるコミュニティ感覚の国際比較研究 基盤 (C) 
5. 2017/04~  日本の企業組織における文化の多層性と外国人労働者のウェルビーイングの検討 日本の企業組織における文化の多層性と外国人労働者のウェルビーイングの検討 (キーワード:well-being, foreign workers, cultural factors)
■ 社会における活動
1. 1992/03 Breaking the barrier to help: New program offers drug treatment for Asian immigrants
2. 1994 APA Substance Abusers Gaining Notice and Treatment Fqcilities
3. 1994/01 Community Psychology and Social Problems
4. 1994/09~1997/03 Church Lay Leader
5. 1996/10 Dr. Sasao stresses importance of emotional health for children in transition
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 2019~ Journal of Educational Policy (Korea) Associate Editor
2. 2016~ Interdisciplinary Education and Psychology Associate Editor
3. 2016~ International Journal of Emotional Education Associate Editor
4. 2011~2013 Asian Journal of Social Psychology Associate Editor
5. 2010~ APA Asian American Journal of Psychology Reviewer
全件表示(26件)
■ researchmap研究者コード
5000065479
■ メールアドレス
  kyoin_mail
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
10296791