(最終更新日:2017-01-27 20:13:17)
  キクチ,ヒデアキ   KIKUCHI, Hideaki
  菊池 秀明
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. ~1996 東京大学 人文科学研究科 東洋史学専攻修了
2. 1996/07
(学位取得)
東京大学 博士(文学)
3. 1987/03/01
(学位取得)
東京大学 文学修士
4. 1979/04~1983/03 早稲田大学 第一文学部 史学科東洋史学専攻 卒業 文学士
■ 職歴
1. 2015/09~ 国際基督教大学 歴史学デパートメント長
2. 2010/04~2013/03 国際基督教大学 歴史学デパートメント長
■ 現在の専門分野
アジア史・アフリカ史 (キーワード:宗教、太平天国、社会史、移民活動) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  金田から南京へ・太平天国初期史研究   (単著) 2013/02
2. 著書  近代中国辺境社会的「文明化」政策与実践 台湾・国立中央研究院台湾史研究所編『辺区歴史与主体性形塑・第四届国際漢学会議論文集』 211-253頁 (単著) 2013
3. 論文  太平天国西征軍の湖北進出と廬州攻撃 国際基督教大学アジア文化研究所編『アジア文化研究』 (41),135-163頁 (単著) 2016
4. 論文  太平天国北伐軍の壊滅とその影響について 国際基督教大学アジア文化研究所編『アジア文化研究』 (40),1-30頁 (単著) 2014
5. 論文  太平天国北伐軍の敗退と援軍の臨清攻撃 国際基督教大学アジア文化研究所編『アジア文化研究』 (39),91-132頁 (単著) 2013
全件表示(33件)
■ 学会発表
1. 2016/03/22 なんじの敵を赦せるか・近代中国の内戦における報復の暴力のゆくえ
2. 2016/03/21 湘軍の湖北、江西における地域経営とその支持者、反対者
3. 2015/05/26 なんじの敵を赦せるか・太平天国の読書人、旗人対策
4. 2014/11/15 太平天国軍中的私人結党与地方武装集団(太平天国失敗150周年学術討論会)
5. 2013/10/26 暴力革命能否被肯定・南京建都時期欧州人對太平天国宗的認識(太平天国定都南京150周年学術研究討論会)
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 1993~ 明清史合宿
2. 1992~ 史学会
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. I have revised the handout for my classes by using the new information about the Chinese and Japanese History.~現在
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 東京大学教養学部において?案読書会を主催し、毎月1度のペースで中国史を専攻する各大学の有志に草書体漢文の読解方法を教えている。~現在
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   19世紀中国における太平天国史の研究  
■ 社会における活動
1. 2006/12~ 日中共同歴史研究(日中両国外務省による)の古代・中近世史部会において日本側委員を担当し、論文「日中の政治・社会構造の比較」の執筆と討論を行った(2006/12~Present)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
20257588