(最終更新日:2016-10-01 15:23:52)
  モリシマ,ヤスノリ   MORISHIMA, Yasunori
  森島 泰則
   所属   国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 1996/05
(学位取得)
University of Colorado Ph.D
2. 1992/05
(学位取得)
University of Colorado M.A.
3. 1982/03/31
(学位取得)
慶應義塾大学 文学士
■ 職歴
1. 2010/04~2012/03 国際基督教大学 心理学デパートメント長
2. 2010/04~2012/03 国際基督教大学 アカデミックプランニング・センター長
■ 現在の専門分野
実験心理学 (キーワード:言語心理学、テキスト理解とくに第二言語理解、認知心理学) 
■ 主要学科目
認知科学、認知心理学、言語心理学
■ 著書・論文歴
1. 著書  なぜ外国語を身につけるのは難しいのか (単著) 2015/12
2. 論文  Elaborations for the Validation of Causal Bridging Inferences in Text Comprehension (単著) 2016/08
3. 論文  Allocation of Limited Cognitive Resources during Text Comprehension in a Second Language (単著) 2013/11
4. 論文  第二言語読解における長期ワーキングメモリの役割 (単著) 2013/03
5. その他 語学学習支援のための身体化エージェント・システムの社会的知性 (単著) 2007
■ 学会発表
1. 2009 Anaphoric resolution process by intermediate second language learners of English during text comprehension.("The 1st Dubrovnik Conference on Cognitive Science, Dubrovnik, Croatia.")
2. 2008 第二言語読解における読み手の予備知識と文章の整合性の及ぼす影響.(日本第二言語習得学会,京都.)
3. 2007 Elaborations for the validation of a causal bridging inference in text comprehension.("The 17th Annual Meeting of the Society for Text and Discourse, Glasgow, Scotland.")
4. 2007 Influence of body orientation and location of an embodied agent to a user.("The 20th International Conference on Computer Animation and Social Agents, Hasselt, Belgium.")
5. 2007 The effect of an embodied agent’s performance on self-efficacy in human-agent interactions.("The 3rd International Conference on Intelligent Environments, Ulm, Germany.")
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2009 文章理解における整合性の認知過程.
2. 2008 文章理解における認知モデル研究の変遷とその動向.
3. 2006 An implementation of socially-intelligent agents providing emotional support and its application.
4. 2006 Elaboration processes for causal bridging inferences in text comprehension.
5. 2006 文章理解における計算論的モデルの変遷とその役割.
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2008/09~ 日本認知心理学会、ディスコース心理学研究部会、代表
2. 2008~ 日本心理学会
3. 2004~ Society for Text and Discourse
4. 2004~ 日本認知心理学会
5. 2002~ Cognitive Science Society
全件表示(6件)
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. 2004/04~ 各授業では、学生のグループワークによる文献研究や実験、その成果のプレゼンってーションを行わせる。2004/4-現在
2. 2004/04~ " 「言語心理学 [Psycholinguistics]」、「学習、記憶、認知の心理学 [Psychology of Learning, Memory, and Cognition]」の授業では、講義を英語で行い、学生のバイリンガル学習を促す。2004/4-現在"
3. 2006/04~ 大教室の授業では、コメントシートを活用し、学生の質問に答えるようにする。2006/4-現在
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2007/09~2009/03 "Director, Academic Planning Center, 2007/9-2009/3. Established the foundational structure of the Center, including advising methods and policies and annual activities."
■ 科研費研究者番号
20365521