(最終更新日:2018-09-19 13:13:36)
  ヤマグチ,トミコ   YAMAGUCHI, Tomiko
  山口 富子
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 2004/11/01
(学位取得)
Michigan State University PhD
2. 1995/11/01
(学位取得)
University of Bath MSc
3. 1995/11/01
(学位取得)
バース大学 修士
4. 2004/11/01
(学位取得)
ミシガン州立大学 博士
5. 1994/09~1995/08 バース大学 社会科学研究科 開発学修了
全件表示(7件)
■ 職歴
1. 2006/04~ 国際基督教大学 社会学メジャー 教授
2. 2014/04~ 東京大学 教養学部 科学技術論コース 非常勤講師
■ 現在の専門分野
社会学, 科学社会学 (キーワード:食の安全安心、農業バイオと社会) 
■ プロフィール
Dr. Yamaguchi specializes in the sociology of knowledge, the sociology of agriculture and food, and science and technology studies. She has worked on a range of research projects examining the ways in which social reality is constructed in situations involving conflict and controversy; her primary focus as been the ways in which scientific knowledge is interpreted, reaffirmed and altered in day-to-day interactions between stakeholders attempting to exert influence in a situation, and how and why dominant interpretations give power to some stakeholders and not others. She employs qualitative research methods including in-depth interviews, focus groups, content analysis of textual data, and participant observations. She has examined social conflicts concerning GM cotton in India, nutritionally enhanced GMOs, BSE, nanotechnology in food, and functional foods. She is currently working on food safety/risk debates with respect to radioactive nuclides.
■ 主要学科目
科学技術社会論、食と農の社会学
■ 著書・論文歴
1. 著書  『リベラルアーツは<震災・復興>とどう向き合うか』 (共著) 2016
2. 著書  「専門家と市民の関係-語りが提起するもの-」立川雅司・三上直之編著『萌芽的科学技術と市民』 (共著) 2013/07
3. 著書  「参加型テクノロジーアセスメントの設計への提案-市民の語りの分析を通して-」 (共著) 2013
4. 著書  The Challenge of Nanotechnology-Derived Food: Addressing the Concerns of the Public (共著) 2012
5. 著書  『萌芽する科学技術:先端科学技術への社会学的アプローチ』 (共著) 2009/11
全件表示(30件)
■ 学会発表
1. 2017/08/31 Gene Editing Technologies and Emerging Issues with the Biosafety Law(Annual Meeting of the International Society for Social Studies of Science)
2. 2017/07/27 Engagement with Gene Editing Technologies for Plant Breeding in Japan(Annual Meeting of Rural Sociological Society)
3. 2016/11/05 農業イノベーションの予測の自己実現(第15回科学技術社会論学会年次大会)
4. 2016/10/18 産業化した有機農業の対抗軸の諸相─カリフォルニアの小規模有機農家の取組みを通して(第89回日本社会学会大会)
5. 2016/08/31 “Paths to Agricultural Sustainability in Japan: Life Sciences or Agro-ecology?(Annual Meeting of the International Society for Social Studies Science)
全件表示(60件)
■ 講師・講演
1. 2012/01 In Pursuit of Perfect Safety: Why is Commercialization of GMOs Not Taking Place in Japan?
2. 2010/12 Food Safety Debates on Functional Foods and Social Imaginery
3. 2010/03 科学的判断と社会的判断-GMO論争の分析を通じて
4. 2008/12 Discourse and Practices in “STS” in Asia
5. 2005/12 市民とコミュニケーション:発展途上国の遺伝子組換え作物を例に
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 2013/04 日本社会学会
2. 2013~ フードシステム学会
3. 2008~ Asia-Pacific STS Network
4. 2008~ European Association for the Studies of Science and Technology
5. 2008~ Society for Social Studies of Science
全件表示(7件)
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. 2003/04~ Moodle他、マルチメディアを活用(担当クラスすべて)。
2. 2004/04~ 社会学メジャー合同卒業論文発表会の企画と実施(卒論指導)
3. 2004/04~ 高度な専門性を身につけるためのクラスの実施(「質的社会学」)
4. 2008/04~ ポスターのセッションの企画と実施(開発社会学)
5. 2008/04~ 近年の社会問題を取り上げ、問題を多角的に議論するクラス(「科学技術社会学」)。
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 2014~ 内閣府/農林水産省委託研究「戦略的イノベーション創造プログラム」
2. 2009 農林水産省委託研究「遺伝子組換え生物の産業利用における安全性確保研究:海外諸国における高機能遺伝子組換え作物の導入過程に関する調査分析
3. 2006~2008 農林水産省委託研究「遺伝子組換え生物の産業利用における安全性確保研究:国民の関心に応える調査研究」
■ 委員会・協会等
1. 2017/11/24~2018/09/30 総合科学技術・イノベーション会議 「バイオ戦略検討ワーキンググループ」 構成員
■ 科研費研究者番号
80425595