(最終更新日:2016-10-03 16:12:05)
  コセ,ヒロユキ   KOSE, Hiroyuki
  小瀬 博之
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 1995/10
(学位取得)
Ph.D
2. 1989/07
(学位取得)
学士(農学)
■ 職歴
1. 2016/04~ 国際基督教大学 教養学部副部長(学習支援担当学習支援担当) 教授
2. 2012/04~2014/03 国際基督教大学 アカデミックプランニング・センター長
3. 2010/04~2012/03 国際基督教大学 遺伝子組換え生物安全主任
4. 1999/04~2008/08 徳島大学医学部附属動物実験施設
5. 1997/08~1999/03 国立遺伝学研究所
■ 現在の専門分野
分子生物学, 発生生物学, 実験動物学 (キーワード:精子形成、遺伝学、QTL解析、多因子性疾患、2型糖尿病、OLETFラット、幹細胞、細胞分裂、キイロショウジョウバエ) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Association of expression levels in skeletal muscle and a SNP in the MYBPC1 gene with growth-related trait in Japanese Black beef cattle.   (共著) 2015
2. 論文  Laser induced injury caused hyperglycemia-like effect in Drosophila larva: a possible insect model for posttraumatic diabetes.   (共著) 2015
3. 論文  Use of Drosophila as an Evaluation Method Reveals imp as a Candidate Gene for Type 2 Diabetes in Rat Locus Niddm22.   (共著) 2015
4. 論文  Association of a single-nucleotide polymorphism in myosin-binding protein C, slow-type (MYBPC1) gene with marbling in Japanese Black beef cattle.   (共著) 2013
5. 論文  No replicated association of the c . -312 A > G in EDG 1 with marbling in Niigata population of Japanese Black beef cattle.   (共著) 2013
全件表示(30件)
■ 学会発表
1. 2016 ショウジョウバエを用いたOLETFラット2型糖尿病原因遺伝子スクリーニング(日本実験動物学会)
2. 2014 Mitotic regulation in Drosophila spermatogonia is mediated by Notch signaling and a nuclear receptor complex acting in somatic stromal cells(Japanese Society of Developmental Biologist)
3. 2013 ショウジョウバエを活用した2型糖尿病モデルラットのQTL遺伝解析(日本実験動物学会)
4. 2012 ラットとショウジョウバエを用いた2型糖尿病遺伝解析:ImpはOLETFラットの糖尿病原因遺伝子の1つである(日本実験動物学会)
5. 2011 A transcription factor Samuel is involved in the regulation of germ cell proliferation in spermatogenesis(Drosophila Research Conference)
全件表示(16件)
■ 講師・講演
1. 2016 国際基督教大学の障がい者支援〜現状と課題
2. 2016 近畿地区大学教育研究会 第 85 回研究協議会
■ 所属学会
1. 2008~ 日本発生生物学会
2. 2005~ 日本実験動物学会
3. 1998~ 日本分子生物学会
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. 2008~ 「動物発生生物学概論」では、学生の興味を引き出すため、実際に生きた動物を観察させ、簡単な遺伝実験を行った。また、期末テスト以外にも、出席、小テストなどを含め、総合的に成績評価を行っている。 2008?現在
2. 2008~ 「生物学特別演習II」では、専門分野の原著論文の読み方、また学会形式の発表の指導を行っている。
3. 2009~ 生命科学(A)では文系学生に向けて生命科学と社会との関係について解説している
4. 2011 「基礎生化学」では主に2年生向けに生化学の基礎を一部active learningを取り入れて授業を行っている
■ 受賞学術賞
1. 2008 康楽賞(国立大学法人徳島大学学内賞)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2014/03  核内受容体DHR78とコリプレッサーSamuel複合体によるキイロショウジョウバエ精原細胞の分裂制御機構の解明 機関内共同研究 
2. 2011/04~2012/03  コリプレッサーSamuel/MosesとSeven-up核内受容体の機能的相互作用に関する研究 機関内共同研究 
3. 2008~2010  ヒト肥満による2型糖尿病発症機構解明のための研究用ラットリソース開発 基盤研究(B) 
■ 科研費研究者番号
90314856