photo
    (最終更新日:2021-08-25 16:31:00)
  モリキ,ヨシエ   MORIKI, Yoshie
  森木 美恵
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   上級准教授
■ 学歴
1. 2000/01~2007/05 ペンシルバニア州立大学 (人類学、人口学) 博士課程修了 Ph.D.
2. 1997/08~1999/12 ペンシルバニア州立大学 (人類学、人口学) 修士課程修了 M.A.
3. 1993/04~1997/03 東京女子大学 現代文化学部 地域文化学科 卒業 B.A.
4.
(学位取得)
Pennsylvania State University Ph.D. (anthropology and demography)
■ 職歴
1. 2016/04~ 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 上級准教授
2. 2009/04~2016/03 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 准教授
3. 2007/04~2009/03 日本大学人口研究所 研究員
4. 2015/04~2016/03 東京女子大学 非常勤講師
5. 2019/04~2021/03 国際基督教大学 教養学部副部長(カリキュラム担当)
■ 現在の専門分野
文化人類学・民俗学, ジェンダー, 地域研究 (キーワード:文化人類学、人口学、タイ・ラオス) 
■ 主要学科目
文化人類学、人口人類学
■ 著書・論文歴
1. 論文  "Physical Intimacy and Happiness in Japan: Sexless Marriages and Parent-Child Co-sleeping"
In Happiness and the Good Life in Japan Wolfram Manzenreiter and Barbara Holthus (eds.)   (単著) 2017/03
2. 論文  “Sexless Marriages in Japan: Prevalence and Reasons." In Low fertility and Reproductive Health in East Asia Naohiro Ogawa and Iqbal. H. Shah (eds.)   (共著) 2015/10
3. 論文  <書評> Shoko Konishi, Emi Tamaki, & Jun Yoshinaga, Biodemography of Fertility in Japan 『人口学研究』 55,63-65頁 (単著) 2019/09
4. 著書  「少子高齢化と老親扶養問題:新たなるタイ社会の課題」『タイを知るための72章』   (共著) 2014
5. 論文  "Co-Residence among Bangkok Elderly: Implications of Children's Marital Status" Marriage and Family Review 47,pp.529-547 (単著) 2011/12
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 2021/06/05 男性の性行動と文化的不妊について(第73回日本人口学会(企画セッション2)
2. 2020/11/15 生殖世代の性的欲求の度合い:性交渉と自慰行為(第72回日本人口学会)
3. 2019/06/02 夫婦間の性交渉の実態と第二子不妊について:『全国調査仕事と家族2007&2010』より(第71回日本人口学会)
4. 2019/10/16 Impacts of Family Planning and Spousal Relations on Fertility Levels in a Northern Village in Laos(13th National Health Research Forum)
5. 2021/08/18 Populatıon Dynamıcs in a Lao Vıllage: Impacts of Famıly Plannnıng, Spousal Sexual Relatıons, and Mıgratıon Experıences(International Geography Congress)
全件表示(28件)
■ 講師・講演
1. 2019/04/10 Kawanoji-Sleeping Practice and Sexuality in Japanese Families(Tokyo)
2. 2016/09/03 少子高齢化と文化の役割(東京)
■ 所属学会
1. 2003~ 日本人口学会
2. 2009/04~ 日本文化人類学会
3. 2007/03~ Population Association of America
4. 2009/12~ Asian Population Association
5. 2019/12~ 人口学研究会
■ 教育上の実績
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2015/05/22 国際基督教大学 C-week シーベリーアワーメッセージ「“とどまる”ということ」
2. 2018/05/21 国際基督教大学 C-week 特別キリスト教概論「クスノキのある校庭から:人類学の芽と主の眼差し」
■ 担当経験のある科目
1. 人類学原論(国際基督教大学)
2. 人口人類学(国際基督教大学)
3. 人類学調査実習 I & II、人類学現地調査(国際基督教大学)
4. 人類学と社会問題(国際基督教大学 大学院)
5. 卒業論文(国際基督教大学)
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 1997 ロータリー財団 ロータリー財団国際親善奨学金
2. 1998 Mellon Foundation Mellon International Demography Training Fellowship
3. 1999 Mellon Foundation Mellon Program Support for International Research for Thai Language Training
4. 2003 The National Science Foundation Doctoral Dissertation Research Improvement Grant
5. 2003 Pennsylvania State University Hill Award (for dissertaion research)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2023/03  精子の行く先と男性の思惑意識:性行動と生殖の質的検証 基盤研究(C) 
2. 2019/10~2022/03  技術革新および環境化学物質は不妊を増加させたか 課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業 
3. 2017/04~2020/03  現代ラオスにおける小規模社会集団の人口動態メカニズム 基盤研究(A) 
4. 2014/04~2015/03  女性の就業と健康等に関する調査研究 国内共同研究 
5. 2012/04~2016/03  価値観としての母親業ーその再生産の仕組み 若手研究 
■ 社会における活動
1. 2020/06~ 公益財団法人三鷹国際交流協会(MISHOP) 評議員
2. 2019/07 「エスノグラフィクリサーチ」とは? - デザイン思考最初のステップ「共感」をリアルに体験してみよう -
3. 2015/10 高大連携授業:「文化と開発 -エミックとエティックの視点-」
4. 2018/06 The marriage challenge: Can the trend of declining wedding rates in East Asia be reversed? Link
5. 2021/06 東京研修2021:「学問を通して考える社会と公正-SDGs、トイレ、ジェンダー」
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2011/06~2013/05 日本人口学会国際交流委員会 委員
2. 2012/06~2016/09 『人口学研究』編集委員会 編集委員
3. 2017/09~ Executive Committee of Asian Studies Conference Japan (ASCJ) Committee Member
■ researchmap研究者コード
6000026633
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
00552340
■ ORCID
0000-0001-7533-6287