photo
    (最終更新日:2020-05-15 20:58:14)
  オザワ,イクミ   OZAWA, Ikumi
  小澤 伊久美
   所属   国際基督教大学教養学部 日本語教育課程(JLP)
   職種   課程上級准教授
■ 学歴
1. 1987/04~1991/03 国際基督教大学 教養学部 語学科 卒業
2. 1991/04~1993/03 国際基督教大学 比較文化研究科 比較文化修了 修士(比較文化)
3. 1993/04~1997/08 国際基督教大学 比較文化研究科 比較文化単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1987/07~1991/08 国際基督教大学 夏期日本語教育 事務助手 Link
2. 1990/03~1990/03 Peace Study Around the World (Program in Japan at ICU) ティーチング・アシスタント
3. 1991/04~1991/06 国際基督教大学 日本語教育プログラム 副手 Link
4. 1991/09~1996/03 国際基督教大学 日本語教育研究センター 副手
5. 1991/09~1997/08 国際基督教大学 日本語教育プログラム 副手 Link
全件表示(18件)
■ 現在の専門分野
日本語教育, 日本語学, 教育学, 日本文学 (キーワード:日本語教育、帰国生、継承語学習者、教師の成長、PAC分析、TEA、オートエスノグラフィ、文化心理学、質的研究、認知言語学、プログラム評価、発展的評価) 
■ プロフィール
専門は日本語教育で、特に教師の成長、プログラム評価などに関心があります。

プログラム運営については発展的評価(DE)を実践しています。

研究については、文化心理学的観点から、教師や学習者の発達を考察しており、特に、複線径路・等至性アプローチ(TEA)、オートエスノグラフィー、個人態度構造(PAC)分析などを用いています。
■ 主要学科目
日本語教育プログラム課程 Link
■ 著書・論文歴
1. 著書  日本語を母語とする現職日本語教師Aの「いい日本語教師観」--PAC分析を活用してわかること 日本語教育のための質的研究 入門--学習・教師・教室をいかに描くか 221-246頁 (共著) 2015/10
2. 論文  2019年度バイリンガル・マルチリンガル子どもネット研究会―報告― 国際基督教大学学報 1-A 教育研究 62,167-171頁 (共著) 2020/03
3. 論文  あるタイ人日本語教師のビリーフの形成-初任期から4年間のPAC 分析による縦断的調査から- 言語教育研究  (共著) 2020/03
4. 論文  日本語学習者の人生の径路に現れる日本との接触—日本に住み、働きつづける日本留学経験者Dの場合— 日本語・日本語教育 3,13-31頁 (共著) 2020/03
5. 論文  母語・継承語・バイリガル教育(MHB)研究のこれまで(2014-2018) とこれから 母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究 15,1-37頁 (共著) 2019/05 Link
全件表示(77件)
■ 学会発表
1. 2020/05/30 日本語教育におけるプログラム評価の意義(2020年度日本語教育学会春季大会)
2. 2020/05/29 COVID-19の危機が日本の高等教育にどのような影響をもたらしたか:大学教員による探索的調査(THE PSYCHOLOGY OF GLOBAL CRISES: STATE SURVEILLANCE, SOLIDARITY AND EVERYDAY LIFE) Link
3. 2020/02/27 評価的思考を生かしたプログラム運営―内部評価者育成の重要性(第17回沖縄日本語教育研究会)
4. 2019/12/08 学校評価士は学校運営における評価的思考の利用を いかに支援できるか(日本評価学会第20回全国大会)
5. 2019/11/24 職場と世代が同じタイ人日本語教師2名のビリーフに関する縦断研究 ―背景や経験の異なりとビリーフの形成に着目して―(2019年度日本語教育学会秋季大会)
全件表示(56件)
■ 講師・講演
1. 2008/07/10 PAC分析ワークショップ(東京)
2. 2008/11/17 帰国生に対する日本語教育(横浜)
3. 2010/07/19 ICUにおける帰国生・継承語学習者に対する日本語教育―現状と課題―(東京)
4. 2010/09/28 科研費申請に向けて(東京)
5. 2012/05/12 教室外の学びを視野においた教室活動(コペンハーゲン)
全件表示(13件)
■ 所属学会
1. 1991~ 日本語教育学会 Link
2. 2005/07~2011/06 ∟ 査読協力者
3. 2011/07~2015/06 ∟ 編集委員
4. 2011/11~2013/04 ∟ 評議員
5. 2013/05~2017/05 ∟ 代議員
全件表示(51件)
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. 2004/09~ 日本語を通して、大学生らしく「考え、表現する」とはどういうことかを意識させるような指導法の工夫
2. 2007/04~ 新しい機器や素材を積極的に授業に取り込み、学習の効率化をはかるとともに、学生の自己学習力を向上させるようにする。
●作成した教科書、教材
1. 2010/02 総合日語 第二冊(改訂版)
●教育に関する発表
1. 2012/05/12~2012/05/13 「教室外の学びを視野においた教室活動」「考える力を育成し、豊かな語りを引き出すためのグループ分担読み」、日本語教育ワークショップ 2012 春、於東海大学ヨーロッパ学術センター
2. 2010/07/19~2010/07/19 「ICUにおける帰国生・継承語学習者に対する日本語教育―現状と課題―」早稲田大学川上郁雄先生科研費による発表会にて話題提供
全件表示(9件)
■ 担当経験のある科目
1. 文学を通してみる現代日本文化(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)
2. 世界のことばと人々:イラン(国際基督教大学)
3. 日本語学概論B(立教大学異文化コミュニケーション学部)
4. 日本語学特論(立教大学異文化コミュニケーション学部)
5. Japan Study Program A(立教大学異文化コミュニケーション学部)
■ 資格・免許
1. 1990 日本語教育能力検定試験
2. 2012/09 日本評価学会認定評価士
3. 2012/10 日本評価学会認定学校評価士
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1998/04~2000/03  ICU帰国本科生に対する日本語教育プログラム開発に関する研究 学内特定研究 
2. 2001/04~2003/03  教職の専門性の探求—現職日本語教師の教員研修のあり方に関する研究 学内特定研究 
3. 2005/04~2006/03  日本語教育が発信する日本・日本語の基礎研究 その他の補助金・助成金 
4. 2007/04~2011/03  PAC分析法を活用した学習者が日本語教材から受け取る影響と学習者要因の解明 基盤研究(C) (キーワード:学習理論、日本語教育、PAC分析、ステレオタイプ、外国人留学生の対日観、日本語教材からの影響、学習者要因、留学、フェイスシート) Link
5. 2007/10~2011/03  オン・ゴーイング法とPAC分析法の活用による日本語教師の実践的思考の解明 基盤研究(C) (キーワード:日本語教育、教師、実践的思考、PAC分析、ビリーフ、SEM(構造方程式モデリング) 、プロトコル、新人教師と経験教師の比較) Link
全件表示(18件)
■ 社会における活動
1. 2004/01~2004/12 『災害被害者の心のケアのために』(ペルシャ語版)の発行
■ 委員会・協会等
1. 2015/04/01~2018/03/31 清瀬市立第五中学校外部評価チーム 評価士 Link
■ ホームページ
   http://subsites.icu.ac.jp/people/ozawa/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
60296796