(最終更新日:2016-12-20 16:29:43)
  カミトオ,タケヒコ   KAMITO, Takehiko
  上遠 岳彦
   所属   国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   講師
■ 学歴
1. 1989/04~1992/03 東京大学 農学系研究科 博士(農学)
2. 1982/04~1984/03 東京大学 農学系研究科 農学修士
3. 1978/04~1982/03 東京農工大学 農学部 農学士
■ 職歴
1. 1984/04~1989/03 明治製菓(株) 薬品開発研究所 研究員
■ 主要学科目
動物生態学、昆虫生理学
■ 学会発表
1. 2016/09/23 ニホンアナグマ (Meles anakuma) の都市環境における生態と餌資源量(日本哺乳類学会 2016年大会)
2. 2016/09/23 都市緑地におけるイエネコ及びアライグマの行動圏と生態(日本哺乳類学会 2016年大会)
3. 2016/03/12 東京三鷹市の緑地におけるニホンアナグマの生態と餌資源量(日本動物学会関東支部大会)
4. 2016/03/12 関東近辺のオカダンゴムシと東京都都市部における鱗翅目昆虫のWolbachia感染(日本動物学会関東支部大 会)
5. 2015/07/12 エクジソン投与によって誘導されるによるフユシャクガ類の無翅型メスの翅表皮の細胞組織の初期変化(51st Annual meeting of Arthropodan Embryological Society of Japan)
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2015/09 都市近郊の里山の哺乳類
ー自動カメラがとらえたその生態ー(神代植物公園(東京都調布市))
2. 2005/10 「休眠ホルモン抗体を用いたキチョウ免疫組織化学」
3. 2005/10 「甲殻類等脚目の性転換と造雄腺ホルモン」
■ 所属学会
1. 2012~ 日本哺乳類学会
2. 2005~ 日本生物教育学会
3. 2002~ 日本比較内分泌学会
4. 1995~ 日本環境教育学会
5. 1992~ 日本動物学会
全件表示(6件)
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. 2004/04~ 教育内容・方法の工夫
2. 2003年度から、Life Science の授業の約1/4を担当。2008年度から実験付自然科学入門の1/3を担当している。
3. 一般教養の 150人の大人数クラスでは、コメントシートに加え、Network 上のMoodle を活用して、質疑の掲示、資料の配付を行っている
●その他教育活動上特記すべき事項
1. デパートメントのカリキュラム担当者として、履修・進路に関連する学生の質問を随時受け付け、相談に乗っている。
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012~2014/03  学内に棲息する稀少動物の生態調査を元にした環境保全計画の立案 機関内共同研究 
■ 社会における活動
1. 2014/01~2014/01 東京アナグマのキャンパスライフ
2. 2012/04~ 三鷹市使用料等審議会委員
3. 2007~2007 日本基督教団 神奈川教区代議員
■ 科研費研究者番号
10245657