(最終更新日:2019-11-06 12:45:37)
  イコマ,ナツミ   IKOMA, Natsumi
  生駒 夏美
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 2002/07/10
(学位取得)
ダラム大学 博士
2. 2002/07/10
(学位取得)
Durham University Ph.D.
3. 1998/10~2001/09 ダラム大学 芸術人文科学研究科 イングリッシュ・スタディーズ 博士課程修了
4. 1997/04~2003/03 京都大学 文学研究科 英語英米文学修了
5. 1995/10~1996/09 ランカスター大学 Faculty of Arts and Social Sciences Contemporary Literary Studies 修士課程修了
全件表示(7件)
■ 職歴
1. 教養学部 アーツ・サイエンス学科 IDメジャー ジェンダー・セクシュアリティ研究メジャー
2. 大学院アーツ・サイエンス研究科 博士後期課程 アーツ・サイエンス専攻
3. 大学院アーツ・サイエンス研究科 博士前期課程 比較文化専攻
4. 2014/04~2017/08 国際基督教大学ジェンダー研究センター センター長
5. 2010/09~2012/03 国際基督教大学 文学研究デパートメント長
■ 現在の専門分野
ジェンダー, ヨーロッパ文学, 文学一般, 日本文学, 思想史 (キーワード:女性文学、肉体の表象、アンジェラ・カーター、フェミニズム理論、文学の終わり、怪物、グロテスク、テロと文学、現代文学) 
■ 主要学科目
現代英文学、フェミニズム理論、比較文学、ジェンダー論
■ 著書・論文歴
1. 著書  現代イギリス小説の「今」:記憶と歴史   (共著) 2018/03 Link
2. 著書  Seduced by Japan: A Memoir of the Days Spent with Angela Carter with "Her Side of the Story" written by Natsumi Ikoma   (単著) 2017/11
3. 著書  Women Writing Across Cultures: Present, Past, Future   (共著) 2017/11
4. 著書  Asian Women and Education - Asian, European and Other Perspectives   (共著) 2012/05
5. 著書  The Horrid Looking Glass:Reflections on Monstrocity   (共著) 2011/12
全件表示(27件)
■ 学会発表
1. 2019/10/19 他者の語りとしての幻想文学:英文学の女性たち(日本比較文学会東京支部大会シンポジウム「現代幻想文学の可能性を探るー「私」「自己」のテーマ群を中心に)
2. 2019/09/28 "Anthropological Curiosity or Mere Prurience?": Literary Pilgrimage and Unpacking the Tourist Gaze in Angela Carter's "A Fertility Festival"(At the Crossroad of Doubts: Anthropology and Anglophone Travel Writing)
3. 2019/06/01 Call for Feminist Solidarity and Mutual Empowerment(10th LiberLit Conference Japan)
4. 2019/03/13 Dolls and Humans(Workshop: Angela Carter and Dolls)
5. 2018/06/30 "From Orientalist Detachment to Feminist Involvement: Angela Carter's Narrative Transition"(Symposium: Angela Carter and Japan)
全件表示(21件)
■ 講師・講演
1. 2018/11/23 寛容というおごり:ダイバーシティを巡って(慶応義塾大学三田キャンパス)
2. 2018/04/19 “Angela Carter: Performance, Performativity, Theatricality”(University of Antwerp)
3. 2018/03/19 “Angela Carter: The Bloody Chamber and the Fairy Tale”(British Library, London)
4. 2018/01/18 “Angela Carter’s Marionette and Japanese Theatre Tradition”(University of East Anglia)
5. 2017/11/23 Literature and Gender in Japan(University of East Anglia)
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 2017 Angela Carter Society
2. 2017 ∟ Advisory Board Member
3. 2010/10~ 日本比較文学会
4. 2008~ Contemporary Women's Writing Association
5. 2007 アジア女性学会
全件表示(9件)
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. 2004/04~ 少人数の授業ではラウンドテーブルにし、フェミニスト・ペダゴジーの実践を行っている。2004/4~現在
2. 2004/04~ GE「文学の世界」では、講義のみでなく、学生の積極的な授業参加を促すため、ディスカッションの時間を頻繁にとっている。2004/4~現在
3. 2004/11~ 「英文学史」の授業では、一方通行の受け身の授業を防ぐため、自主研究とプレゼンテーションを取り入れている。 2004/11~現在
4. 2005/04~ 毎回コメントシートを配布し、質問に対しては次回の授業で答えるようにする。2005/4~現在
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2006/09~2008/03 Director of International Educational Exchange
■ 担当経験のある科目
1. Approaches to Gender Studies(ICU)
2. Contemporary British Literature(ICU)
3. Gender and Literature(ICU)
4. GE World of Literature (Gender)(ICU)
5. History of English Literature(ICU)
全件表示(9件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 近現代文学におけるジェンダー表象、特に身体表象の研究。最近は、テロや戦争など危機に際して発動される父権的言説を追っている。アンジェラ・カーターの文学分析はライフワーク。
■ 受賞学術賞
1. 2009/09 Harvard Yenching Institute Harvard Yenching Scholarship
2. 1999/10 Department of English Studies, Durham University Departmental Postgraduate Award, Durham University
3. 1998/10 Durham University Durham University Postgraduate Scholarship
4. 1998/10 Overseas Research Students Award
5. 1996/10 British Council British Council Scholarship
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  人形工場としての日本:日本における、あるいは日本についてのポストヒューマン/ ポストウーマンの語り 個人研究 
2. 2017~2018/03  アンジェラ・カーターの作品に見られる日本の影響とジェンダー・パフォーマティビティ 国際共同研究強化 (キーワード:英米文学、文学一般、ジェンダー研究、パフォーマティビティ、アンジェラ・カーター)
3. 2012/04~2016/03  アンジェラ・カーターの作品におけるジェンダー・パフォーマティビティの研究 基盤研究C 
4. 2007~2011  現代における危機の表象と怪物生成のメカニズム 若手研究 
■ 社会における活動
1. 2006/07~2008/06 三鷹市男女共同参画相談員
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2018/06/30~2018/10/31 Angela Carter and Japan(University of East Anglia) Link
■ researchmap研究者コード
5000029542
■ 科研費研究者番号
60365525
■ ORCID
https://orcid.org/0000-0001-5713-7209