(最終更新日:2016-11-02 22:48:12)
  オオモリ,サワ   OMORI, Sawa
  大森 佐和
   所属   国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   上級准教授
■ 学歴
1. ~2007/12 University of Pittsburgh 政治学博士 博士課程修了 Ph.D.in Political Science
2. ~2003/04 University of Pittsburgh 修了
3. ~1988/03 鳥取大学 農学研究科 獣医学 修士課程修了 農学修士
■ 職歴
1. 2016/04~ 青山学院大学 法学部 非常勤講師
2. 2016/04~ 国際基督教大学 教養学部 開発学研究コーディネーター
3. 2015/04~ 国際基督教大学 大学院 リベラル・アーツ研究科 JDS コーディネータ―
4. 2015/04~2016/03 国際基督教大学 図書館委員会 委員
5. 2014/04~2016/03 国際基督教大学 政治学・国際関係学デパートメント 公共政策メジャーアドバイザー
全件表示(13件)
■ 現在の専門分野
政治学, 国際関係論 (キーワード:グローバルガバナンス、国際政治経済、政治制度、金融改革、子どもの人権) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  「なぜ今再び原発推進かー福島第一原発事故前後の原子力政策の変化と隠された争点」『リベラルアーツは<震災・復興>とどう向きあうか』加藤恵津子・山口富子編  2016/04
2. 著書  「政策過程とそのサイクル」西尾隆編『現代の行政と公共政策』  2016/03
3. 著書  「地球公共財と国際公共政策」西尾隆編『現代の行政と公共政策』  2016/03
4. 論文  "Policy change and coups: The role of income inequality and asset specificity." (共著) 2015/09
5. 論文  Financial Reform in Indonesia: Asian Financial Crisis and Its Aftermath (単著) 2014/10
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2015/09/05 Assessing the Effects of IMF and the World Bank Programs on Financial Reforms(American Political Science Association)
2. 2014/11 IMFは変わったか―世界金融危機後の国際通貨基金の変革の検証(日本国際政治学会)
3. 2014/10 国際金融レジームのガバナンスとIMF(グローバルガバナンス学会)
4. 2013/06 拒否権プレーヤーと国家のクーデターに対する脆弱性の検討(日本比較政治学会)
5. 2012/04 Acting Together: Assessing the Impacts of IMF and US Foreign Aids on Financial Reforms(Midwest Political Science Association, Chicago, IL)
全件表示(27件)
■ 所属学会
1. 2008~ 公益学会
2. 2008~ 比較政治学会
3. 2007~ 日本国際政治学会
4. 2007~ 日本政治学学会
5. 2005~ Midwest Political Science Association
全件表示(6件)
■ 教育上の実績
●教育に関する発表
1. 2016/04/01~2016/04/01 立命館大学国際関係学部招待講演 「クラスでの学生参加を高める」
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2009/04~ 公共政策メジャーアドバイザー、2009/4/1-2013/3/31 & 2014/4/1-2016/3/31
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/08~2014/03  安部フェローシップ「IMFと世界銀行の金融政策改革における効果―IMFと世界銀行のプログラムへの米国と日本の影響の比較検討」 その他の補助金・助成金 
2. 2013/04~  グローバル化の中の政策システムと公務員制度の研究 基盤研究(C)一般 
3. 2013/04~  国際通貨基金と世界銀行の金融政策への影響の検討 基盤研究(C)一般 
4. 2010/04~2013/03  国際通貨基金と途上国の金融改革 基盤研究(C)一般 
5. 2006/04~2008/03  東アジア地域主義の法制度像-地域法秩序の多層的形成の比較分析」共同研究者 基盤研究(B)一般 
全件表示(6件)