photo
    (最終更新日:2019-05-21 16:39:53)
  アリモト,タケシ   ARIMOTO, Takeshi
  有元 健
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   上級准教授
■ 学歴
1. 1989/04~1994/03 北九州市立大学 外国語学部 英米学科 卒業 学士
2. 1994/04~1996/03 九州大学大学院 比較社会文化研究科 国際社会文化 修士課程修了 修士
3. 1996/04~2000/03 九州大学大学院 比較社会文化研究科 国際社会文化 博士課程中退
4. 2000/10~2011/02 Goldsmiths College, University of London Graduate School, Sociology Department 博士課程修了 社会学博士
■ 職歴
1. 2012/09~2019/03 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 准教授
2. 2012/04~ 国際基督教大学 教養学部 教養学部 大学非常勤講師
■ 現在の専門分野
社会学 (キーワード:身体文化、スポーツ、カルチュラル・スタディーズ) 
■ 主要学科目
カルチュラル・スタディーズ
■ 著書・論文歴
1. 著書  『メディア・レトリック論-文化・政治・コミュニケーション』 (共著) 2018/04
2. 著書  『耳を傾ける技術』 (単著) 2014/07
3. 著書  『大衆文化とメディア』 (共著) 2010/08
4. 著書  『サッカーの詩学と政治学』 (共著) 2005/10
5. 著書  『オリンピック・スタディーズ:複数の経験・複数の政治』 (共著) 2004/07
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. 2018/05/18 都市の記号化とその諸問題-北九州市「門司港レトロ」の事例から(日韓学術交流カンファレンス:地域学の開発に関する国際事例発表)
2. 2018/03/20 グローバル時代の女性アスリート:日本女子サッカーのこれから(グローバル時代の女性アスリート:日本女子サッカーのこれから)
3. 2017/03/24 「グローバルに跳躍する身体-川口能活とサッカー技芸の越境」(「グローバルに跳躍する身体-川口能活とサッカー技芸の越境」)
4. 2016/03/21 2002年W杯の遺産?:あるローカルクラブのファンにおけるナショナリズムの構築について(日本スポーツ社会学会 2016年度年次大会)
5. 2015/08/27 「個別性と全体性-2020東京オリンピック・パラリンピック開催と都市のヘゲモニー-」(日本体育学会 2015年度年次大会)
■ 所属学会
1. 2013/07~ カルチュラル・スタディーズ学会
2. 2016/07~ ∟ 編集委員長
3. 2016/07~ ∟ 幹事
4. 2002/04~ 日本スポーツ社会学会
5. 2015/09~2018/06 ∟ 編集委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~  持続可能な相互包摂型社会の実現に向けた世界的グローカル研究拠点の確立と推進 国内共同研究 (キーワード:グローカル、身体資源)
■ 科研費研究者番号
30646378