(最終更新日:2016-08-09 15:29:42)
  カワモト,タカシ   KAWAMOTO, Takashi
  川本 隆史
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   特任教授
■ 学歴
1. 1975/03
(学位取得)
文学士
2. 1977/03
(学位取得)
文学修士
3. 1980/03
(学位取得)
文学博士
■ 著書・論文歴
1. 論文  正義とケアの編み直し――脱中心化と脱集計化に向かって 東京大学教育学部カリキュラム・イノベーション研究会編『カリキュラム・イノベーション――新しい学びの創造へ向けて』  (単著) 2015
2. 論文  〝ケア〟は猫を殺せても、哲学者の息の根を止められはしない――社会倫理学からのコメント 竹下賢ほか編『法の理論33』 147-165頁 (単著) 2015/03
3. 論文  正義とケアへの教育――たえずロールズとノディングズを顧みつつ 『法と教育』 2(1),103-112頁 (単著) 2012/09
4. 論文  Cura PersonalisとRenovatio Mundi――三人のイエズス会士に学んだこと 『カトリック教育研究』 (28),44-51頁 (単著) 2011/09
5. 論文  地異に臨む社会倫理学へ――震災、ケア、正義をめぐる断想 『臨床精神病理』 32(1),3-6頁 (単著) 2011/04
全件表示(28件)
■ 学会発表
1. 2014/10/26 「高度成長」への対抗言説――藤田省三を読み直す(社会思想史学会第39回大会)
2. 2012/10/27 『戦後日本の思想』(1959年)の教訓(社会思想史学会第37回大会)
3. 2012/03/30 震災後に、正義とケアを編み直す――《脱中心化》と《脱集計化》を通じて(2012年度日本農業経済学会大会)
4. 2011/09/04 正義とケアへの教育――たえずロールズとノディングズを顧みつつ(法と教育学会第2回学術大会)
5. 2011/07/17 《全体的かつ個別的に》(“Omnes et singulatim”)――正義とケアの社会倫理学に向かって(第58回東北社会学会・課題報告部会)
全件表示(14件)
■ 科研費研究者番号
40137758