photo
    (最終更新日:2021-09-21 00:46:24)
  ロチャフェラズリベイロ,ディルトン   ROCHA FERRAZ RIBEIRO, Dilton
  ロチャフェラズリベイロ ディルトン
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   特任助教
■ 学歴
1. 2002/03~2007/07 State University of Southwest Bahia Law School
2. 2009/09~2011/02 University of Manitoba Law School 修士課程
3. 2017/09~2019/06 国際基督教大学 アーツ・サイエンス研究科公共政策・社会研究専攻 修士課程修了
4. 2011/09~2015/10 Queen's University Law School 博士課程
■ 職歴
1. 2018/04~2019/08 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 ティーチング・アシスタント(TA)
2. 2019/09~2022/08 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 特任助教
■ 現在の専門分野
国際法学, 公法学, 哲学、倫理学, 基礎法学, 国際関係論 (キーワード:人権、国際法、平和研究、法哲学、法の歴史、法と正義、憲法) 
■ 主要学科目
平和研究1、平和研究2、平和と人権
■ 著書・論文歴
1. 論文  Sexuality and Femininity: the paradox of the cultural-aesthetical kawaii movement Cadernos Pagu 62,pp.1-12 (単著) 2021
2. 論文  An Advocacy Coalition Analysis of the Game RapeLay: The Regulation or Not of Sexual Violence and Virtual Child Pornography in Japan Civitas 20(3),pp.454-463 (単著) 2020
3. 論文  The Wind of Change: The International Court of Justice and the Protection of the Human Person  pp.342-370 (共著) 2017
4. 論文  “The Pro Homine Principle as a Fundamental Aspect of International Human Rights Law” Journal of Global Studies - Meridiano 47 17,pp.1-9 (共著) 2016
5. 論文  The Pro Homine Principle as an Enshrined Feature of International Human Rights Law The Indonesian Journal of International & Comparative Law 3,pp.77-100 (共著) 2016
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2019/11/08 Virtual Child Pornography, Human Trafficking and Japanese Law: Pop Culture, Harm and Legal Restrains(NYSBA Tokyo Conference)
2. 2019/08/09 The Challenges of Law and Law School Life(2019-2020 Introduction to Law Conference)
3. 2018/12/01 “Harmless Harms? Is There Any Harm in Fictitious Depictions of Children in Lolicon?”(Early-Career Researcher's Network for Human Rights)
4. 2014/11/14 “Lex Petrolea in Investor-State Arbitration: Rationalizing Energy Industry Practices and Human Rights/Environmental Law”(The Canadian Council for International Law 43rd Annual Conference)
5. 2014/06/13 The Inter-American Court of Human Rights, Indigenous Rights and the Roman Law Tradition(Asian Conference on Social Sciences)
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2019/04~ ブラジル法の会 Link
■ 教育上の実績
●作成した教科書、教材
1. 2021/04~ Videos for Asynchronous Classes
■ 授業科目
1. 平和と人権
2. 平和研究 II
■ 資格・免許
1. 2008 Brazilian Bar Association
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   石ノ森章太郎と丹羽庭の作品における正義と平和の思想。 個人研究 
2.   The Interpretation of Human Rights Treaties before Regional Courts 個人研究 
3.   Freedom of Expression in Japan, Artistic Work and Legal Interpretation 個人研究 
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  0  回
 在留期間2週間未満のもの   計  0  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  0  回  0  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語    
 論文の執筆に主に用いる言語   英語, その他(ポルトガル語)  
■ メールアドレス
  kyoin_mail