(最終更新日:2020-05-01 22:30:50)
  モリキ,ヨシエ   MORIKI, Yoshie
  森木 美恵
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   上級准教授
■ 学歴
1.
(学位取得)
Pennsylvania State University Ph.D. (anthropology and demography)
2. 2000/01~2007/05 ペンシルバニア州立大学 (人類学、人口学) 博士課程修了 Ph.D.
3. 1997/08~1999/12 ペンシルバニア州立大学 (人類学、人口学) 修士課程修了 M.A.
4. 1993/04~1997/03 東京女子大学 現代文化学部 地域文化学科 卒業
■ 職歴
1. 2007/04~2009/03 日本大学人口研究所
■ 現在の専門分野
文化人類学・民俗学 (キーワード:文化人類学、人口学) 
■ 主要学科目
人類学原論、人口人類学
■ 著書・論文歴
1. 著書  "Physical Intimacy and Happiness in Japan: Sexless Marriages and Parent-Child Co-sleeping" in Happiness and the Good Life in Japan Happiness and the Good Life in Japan  (共著) 2017/03
2. 著書  “Sexless Marriages in Japan: Prevalence and Reasons." In Low fertility and Reproductive Health in East Asia   (共著) 2014/10
3. 論文  <書評> Shoko Konishi, Emi Tamaki, & Jun Yoshinaga, Biodemography of Fertility in Japan. 人口学研究 55,63-65頁 (単著) 2019/09
4. 著書  「人口人類学」、『人口学事典』   (共著) 2018/11
5. 著書  「少子高齢化と老親扶養問題:新たなるタイ社会の課題」『タイを知るための72章』   (共著) 2014
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 2019/11/16 セックスレス人口の頻度と関連要因(人口学研究会第619回定例会)
2. 2019/10/16 Impacts of Family Planning and Spousal Relations on Fertility Levels in a Northern Village in Laos(The 13th national Health research Forum)
3. 2019/06/02 「夫婦間の性交渉の実態と第二子不妊について:『全国調査仕事と家族2007&2010』より」(第71回日本人口学会)
4. 2018/03 定位家族と生殖家族における親密性のあり方:北米、日本、東南アジアの比較を念頭に(日本人口学会2017年度第2回東日本地域部会)
5. 2017/06/10 「日本における夫婦間の性交渉の頻度と親密性の文化的脈絡」(第69回日本人口学会(企画セッション5))
全件表示(22件)
■ 講師・講演
1. 2019/04/10 Kawanoji-Sleeping Practice and Sexuality in Japanese Families(東京)
2. 2016/09/03 少子高齢化と文化の役割(東京)
■ 所属学会
1. 2013/04~ International Union for Scientific Study of Population
2. 2009/12~ Asian Population Association
3. 2009/04~ 日本文化人類学会
4. 2007/03~ American Anthropological Association
5. 2007/03~ Population Association of America
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/10~2022/03  技術革新および環境化学物質は不妊を増加させたか 課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業 
2. 2017/04~2020/03  現代ラオスにおける小規模社会集団の人口動態メカニズム 基盤研究(A) 
3. 2012/04~2016/03  価値観としての母親業ーその再生産の仕組み 若手研究 B 
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
00552340