photo
    (最終更新日:2021-01-22 18:05:52)
  イシバシ,ケイスケ   ISHIBASHI, Keisuke
  石橋 圭介
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   准教授(新職階制度)
■ 学歴
1. 2005/07
(学位取得)
東京大学 博士(情報理工学)
2. 1993/04~1995/03 東北大学 理学研究科 数学専攻 修士課程修了 修士
3. 1989/04~1993/03 東北大学 理学部 数学科 卒業 学士
■ 職歴
1. 2018/09~ 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 准教授(新職階制度)
2. 2017/04~2018/09 大阪大学 大学院基礎工学研究科 招聘教授
3. 1995/04~2018/08 日本電信電話株式会社
■ 現在の専門分野
情報ネットワーク, 通信工学, 情報セキュリティ (キーワード:ネットワークデータ分析) 
■ 主要学科目
コンピュータネットワーク、ネットワークデータ分析
■ 著書・論文歴
1. 論文  Routing and Capacity Optimization Based on Estimated Latent OD Traffic Demand IEICE Transactions on Communications (to appear) E104-B(7) (共著) 2021/07
2. 論文  Extendable NFV-Integrated Control Method Using Reinforcement Learning IEICE Transactions on Communications vol.E103-B(no.8) (共著) 2020/08 Link
3. 論文  Modeling Upper Layer Reaction to QoS Degradation as a Congestion Avoidance Mechanism IEICE Transactions on Communications vol.E103-B(no.4) (共著) 2020/04 Link
4. 論文  機械学習を用いたネットワーク異常検知技術のWebAPI化の研究 電子情報通信学会論文誌B J102-B(5),343-355頁 (共著) 2019/05 Link
5. 論文  Inferring Latent Traffic Demand with Modeling QoS Degradation Effect IEICE Transactions on Communications vol.E102-B(no.4),pp.790-798 (共著) 2019/04 Link
全件表示(38件)
■ 学会発表
1. 2020/09 潜在トラヒックを考慮した経路帯域同時最適化(電子情報通信学会ソサイエティ大会)
2. 2020/07 Routing and Capacity Optimization Based on Estimated Latent OD Traffic Demand(The 8th IEEE International Workshop on Architecture, Design, Deployment & Management of Networks & Applications (ADMNET2020))
3. 2020/06 潜在トラヒックの推定及び推定値に基づくNW設計/制御(待ち行列部会 第288回部会)
4. 2020/03 潜在トラヒックを考慮したトラヒックエンジニアリング手法の検討(電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 461, IN2019-132, pp. 321-325, 2020年3月.)
5. 2019/11 Estimating Latent Origin Destination Traffic Based on Link Packet Loss Ratio and Traffic Volume(Workshop on Internet Architecture and Applications 2019)
全件表示(61件)
■ 講師・講演
1. 2017/11 Network Management Empowered by AI
2. 2016/11 ボトルネック状態のトラヒック特性変化
3. 2016/05 NW 運用高度化のためのNW状態推定
4. 2014/09 Proactive Network Operation through Network Data Analytics
5. 2014/01 NWデータ分析によるNW管理高度化
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 2018~ 日本ソフトウェア科学会
2. 2001~ IEEE
3. 1996~ 電子情報通信学会
■ 受賞学術賞
1. 2019/09 電子情報通信学会 電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞 (通信ソサイエティマガジン編集委員)
2. 2019/06 電子情報通信学会 電子情報通信学会 論文賞 (Separating Predictable and Unpredictable Flows via Dynamic Flow ining for Effective Traffic Engineering)
3. 2019/03 電子情報通信学会 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞 (オートエンコーダを用いた異常検知におけるモデル再学習手法)
4. 2017/03 電子情報通信学会 電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究賞 (故障対応の把握に向けた作業ログにおける複数の対処分岐点の特定)
5. 2016/06 電子情報通信学会 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究賞 (Inferring the Number of Accesses to Internet Service Using DNS Traffic)
全件表示(17件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019~  ICTシステムへの潜在需要の推定および潜在需要に基づくリソース設計制御方式の研究 基盤研究(C) 
2. 2016~2018  高度通信・放送研究開発委託研究「社会インフラ高度化を促進する脳情報処理機構に基づくネットワーク基盤の研究開発」 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2013~2014  戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 「フローマイニングに基づくトラヒック変動に適応する予測型トラヒックエンジニアリングの研究開発」 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2005~2010  ICT重点技術の研究開発「次世代バックボーンに関する研究開発」 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 社会における活動
1. 2020/02~ 三鷹市個人情報保護委員会
■ 委員会・協会等
1. 2020/06~ 電子情報通信学会 会誌編集委員会 編集委員
2. 2020/02~ The 21st Asia-Pacific Network Operation and Management Symposium (APNOMS 2020) Technical Program Committee
3. 2019/11~ International Teletraffic Congress ITC 32 Technical Program Committee
4. 2019/06~2020/01 The 34th International Conference on Information Networking (ICOIN 2020) General Vice Co-chairs
5. 2019/01~ インターネット技術第 163 委員会 学界委員
全件表示(12件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
20710271