photo
    (最終更新日:2021-02-23 18:54:54)
  チョン,ワンジェ   CHUN, Wang Jae
  田 旺帝
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 1997/09/30
(学位取得)
The University of Tokyo Doctor of Science
2. 1997/09/30
(学位取得)
東京大学 理学博士
■ 現在の専門分野
有機・ハイブリッド材料, 機能物性化学, 無機化学, 物理化学 (キーワード:機能物質化学、触媒、多孔性配位高分子、ボトムアップとトップダウンの分子化学、単結晶表面、X線吸収微細構造法、ナノクラスター、表面科学、酸化物表面、物理化学、薄膜・表面界面物性) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  XAFSの基礎と応用   (共著) 2017/07
2. 著書  Nanoscience and Nanotechnology, Vol. 5: X-ray and Neutron Techniques for Nanomaterials Characterization, (Editor Challa S.S.R. Kumar): X-ray absorption fine structure analysis of catalytic nanomaterials   (共著) 2016
3. 論文  Dehydrogenative Coupling of Alkanes and Benzene Enhanced by Slurry-Phase Interparticle Hydrogen Transfer JACS Au 1(2),pp.124-129 (共著) 2021/01 Link
4. 論文  Multiple‐Oxidation‐State Tungsten‐Oxide Clusters on a Carbon Surface as an Intersection between Molecular and Bulk Oxides European Journal of Inorganic Chemistry  (共著) 2021/01 Link
5. 論文  A useful preparation of ultrasmall iron oxide particles by using arc plasma deposition RSC Advances 10,pp.41523-41531 (共著) 2020/11 Link
全件表示(92件)
■ 学会発表
1. 2020/03/26 In situ/operando XAFSによるマイクロ波加熱下での担持金属ナノ粒子上に生じる局所高温場の実証(第125回触媒討論会)
2. 2020/03/22 固体塩基担持Fe触媒によるキノリン誘導体のワンポット合成(日本化学会第100春季年会)
3. 2020/03/22 メソポーラスシリカ細孔内での求核付加型反応の加速と活性種集積状態の解明(日本化学会第100春季年会)
4. 2020/03/14 簡易型低温偏光全反射蛍光 XAFS 測定装置の開発(第37回PFシンポジウム)
5. 2020/03/12 Ge量子ドット像のXANAMによるX線エネルギー依存性測定(第67回応用物理学会春季学術講演会)
全件表示(225件)
■ 講師・講演
1. 2006/10/13 偏光全反射蛍光XAFS法を用いた表面金属種の三次元構造解析
2. 2004/07/13 表面分析手法で触媒を見る
■ 所属学会
1. 2007~ 日本表面科学会
2. 2002/04~ 日本XAFS研究会
3. 2012~2017 ∟ 会計幹事
4. 1997~ 日本放射光学会
5. 2019/10~2021/09 ∟ 庶務幹事
全件表示(7件)
■ 教育上の実績
●教育方法の実践例
1. Office hourに関係なく、講義における質問、相談ができるよう対応している。~現在
2. 学内の研究室だけでなく他大学および研究機関への見学を実施し、最先端の研究にふれることで勉学意欲の向上を計らっている。~現在
3. 担当しているコースは講義と実験とがつながりをもつよう常に調整を行っている。~現在
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2008/04~2008/07 "Tokyo Institute of Technology, Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering Department of Electronic Chemistry, Part time lecturer"
2. 2009/04~ "Curriculum committee of Chemistry major, 2009.4 - present"
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 触媒表面化学/XAFSによるその場固体-溶液境界面構造の解明/機能性規整酸化物表面の創成
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  Fine structure determination of nanoparticles embedded in surface mounted metal organic framework thin films 基盤研究(C) 
2. 2016/04~2021/03  高輝度放射光源を用いたサブナノ粒子の局所構造解析 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2015/04~2016/03  XAFS による精密白金ナノクラスターの構造解明 その他の補助金・助成金 
■ 社会における活動
1. 2002~2007 北の国触媒塾
■ ホームページ
   ORCID
   ResearchID
■ 科研費研究者番号
40344501