(最終更新日:2019-12-16 15:47:29)
  ミゾグチ,ツヨシ   MIZOGUCHI, Tsuyoshi
  溝口 剛
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 1991/04~1995/03 筑波大学 生物科学研究科 生物学専攻修了 博士(理学)
2. 1987/04~1991/03 筑波大学 第二学群 生物学類 卒業
■ 職歴
1. 2017/04~2018/03 内閣府 科学技術・イノベーション担当、基本政策 上席科学技術政策フェロー
2. 2016/04~ 国際基督教大学 研究戦略支援センター 研究戦略支援センターセンター長
3. 2015/04~2018/03 国際基督教大学 自然科学デパートメント 自然科学デパートメント長
4. 2014/04~2015/03 国際基督教大学 生命科学デパートメント 生命科学デパートメント長
5. 2012/04~2014/03 国際基督教大学 遺伝子組換え生物安全主任
全件表示(15件)
■ 現在の専門分野
環境農学(含ランドスケープ科学), 植物分子・生理科学, 分子生物学 
■ 主要学科目
植物生理学、植物生理学概論、植物生理学実習
■ 著書・論文歴
1. 論文  Ubiquitin carboxyl-terminal hydrolases are required for period maintenance of the circadian clock at high temperature in Arabidopsis. Scientific Reports  (共著) 2019
2. 論文  Differential effects of light-to-dark transitions on phase setting in circadian expression among clock-controlled genes in Pharbitis nil. Plant Signal & Behavior  (共著) 2018
3. 論文  Evaluation of internal control genes for quantitative realtime PCR analyses for studying fruit development of dwarf tomato cultivar 'Micro-Tom'. Plant Biotechnology  (共著) 2018
4. 論文  A loss-of-function mutateon in the DWARF4/PETANKO5 gene enhances the late-flowering and semi-dwarf phenolypes of the Arabidopsis clock mutant lhy-12;cca1-101 under continuous light without affecting FLC expression. Plant Biotechnology 33,pp.315-321 (共著) 2016
5. 論文  Density effects on late flowering mutants of Arabidopsis thaliana under continuous light. Plant Biotechnology 33,pp.323-331 (共著) 2016
全件表示(46件)
■ 学会発表
1. 2017/11/26 シロイヌナズナの概日時計遺伝子の突然変異による光周期応答の反転(Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology (TJASSST 2017))
2. 2016/11/25 Analysis of subcellular localization of pleckstrin homology-containing RAB5 effector, PH15(The 13th Japan Solanaceae Consortium (JSOL 2016))
3. 2016/11/25 Density effects on late and early flowering mutants of Arabidopsis thaliana under continuous light(The 13th Japan Solanaceae Consortium (JSOL 2016))
4. 2016/11/25 Effect of night break on flowering time and FT expression in elf3;gi, an SDP-type mutant of Arabidopsis thaliana(The 13th Japan Solanaceae Consortium (JSOL 2016))
5. 2016/11/25 Effect of night break on flowering time and FT expression in elf3;gi, an SDP-type mutant of Arabidopsis thaliana(The 13th Japan Solanaceae Consortium (JSOL 2016))
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 日本時間生物学会
2. 日本植物分子細胞生物学会
3. 日本植物生理学会
■ 担当経験のある科目
1. 基礎生物学(国際基督教大学)
2. 基礎生物学実習(国際基督教大学)
3. Seminar in Interdisciplinary Science(International Christian University)
4. 専門研究 II(国際基督教大学)
5. 専門研究 III(国際基督教大学)
全件表示(14件)
■ 受賞学術賞
1. 2006/07 日本植物細胞分子生物学会・論文賞
2. 1999/09 日本植物細胞分子生物学会・奨励賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  光周期による花成制御機構の解明:長日性植物の短日性植物化 基盤研究 (C)(一般) 
2. 2013/04~2017/03  光周期補償性メカニズムの解明 研究課題 基盤研究(C) (キーワード:葉緑体 / クロロフィル / 概日時計 / シロイヌナズナ / 補償性 / 光合成)
3. 2011/04~2013/03  個体サイズと花成制御における概日時計とブラシノステロイドホルモンの役割 公募研究 特定領域研究 (キーワード:光周性 / 概日リズム / シロイヌナズナ / ブラシノステロイド / LHY / CCA1 / 器官伸長 / 恒明条件 / 遺伝学 / 植物 / 発生・分化)
4. 2009/04~2012/03  モデル作物マイクロトム系統の遺伝子破壊株整備と重要形質発現に必要な遺伝子の探索 研究課題 基盤研究(C) (キーワード:遺伝学 / 植物 / 発生 / 分化 / 発生・分化)
5. 2005/04~2008/03  半導体表面赤外分光を用いた細胞の動的過程の解明と細胞チップへの応用 基盤研究(A) (キーワード:Cell chip / Infrared spectroscopy / Surface / Biochip / Semiconductor / 細胞チップ / 赤外分光 / 表面 / バイオ・チップ / 半導体 / 細胞 / DNA / ハイブリダイゼーション)
全件表示(9件)
■ 科研費研究者番号
70281623