(最終更新日:2021-11-15 20:04:59)
  シミズ,ヤスオ   SHIMIZU, Yasuo
  清水 安夫
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   上級准教授
■ 学歴
1. 2012/12/31
(学位取得)
Tokyo Institute of Technology Ph.D
2. 2002/10~2010/09 東京工業大学 社会理工学研究科 人間行動システム専攻 博士課程修了 博士(学術)
3. 2002/10~2010/09 東京工業大学大学院 社会理工学研究科 人間行動システム専攻修了
4. 2002/03/15
(学位取得)
Tokyo Gakugei University Master of Arts in Education
5. 2000/04~2002/03 東京学芸大学大学院 教育学研究科 総合教育開発専攻教育カウンセリングコース 修士課程修了 修士(教育学)
■ 職歴
1. 2018/04~ 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 上級准教授
2. 2018/04~ 流通経済大学 スポーツ健康科学部 非常勤講師
3. 2017/09~2018/03 Rijksuniversiteit Groningen Behavioral and Social Sciences Visiting Scholoar Link
4. 2016/04~2018/03 国際基督教大学 教養学部 保健体育科 上級准教授
5. 2014/04~2015/03 北里大学 理学部・海洋生命科学部 非常勤講師(教育心理学 担当)
全件表示(10件)
■ 現在の専門分野
健康教育学, 健康行動科学, 健康心理学, 学校メンタルヘルス, 学校心理学, 学校保健学 (キーワード:健康科学,健康心理学,学校メンタルヘルス) 
■ 主要学科目
健康科学
■ 著書・論文歴
1. 著書  健康心理学の基礎:生涯発達 健康心理学事典 16-18頁 (共著) 2019/10 Link
2. 著書  スポーツ精神医学の研究「スポーツ心理学とのかかわり―心理学の立場から」 スポーツ精神医学(改訂第2版) 235-241頁 (共著) 2018/12 Link
3. 著書  学校メンタルヘルスハンドブック 学校メンタルヘルスハンドブック  (共著) 2017/09 Link
4. 著書  青年期の運動行動を規定する要因とメンタルヘルスとの関係  1-142頁 (単著) 2016/02 Link
5. 著書  よくわかる健康心理学   (共著) 2012/08 Link
全件表示(101件)
■ 学会発表
1. 2021/07 EXISTENTIAL CHALLENGES FOR INTERNATIONAL SPORT EVENTS IN THE PURSUIT OF POPULATION PHYSICAL ACTIVITY LEGACIES: NAVIGATING CONTESTED TERRAIN.(25th European College of Sport Scinece)
2. 2020/02/08 親のコミットメントが子どものレジリエンスに及ぼす影響(日本学校メンタルヘルス学会 第23回大会)
3. 2019/07 CLASSROOM STANDING DESK AND TIME-SERIES VARIATION IN SEDENTARY BEHAVIOUR AND PHYSICAL ACTIVITY AMONG PRIMARY SCHOOL CHILDREN(24th European College of Sport Scinece)
4. 2019/07 EFFECTS OF PHYSICAL ACTIVITIES AND SLEEPING HOURS LEVEL ON STRESS REACTIONS(24th European College of Sport Scinece)
5. 2019/07 IS THERE A PLACE FOR EXTERNAL SPORTS SPECIALISTS IN EXTRACURRICULAR SPORTS CLUB ACTIVITIES AT JAPANESE MIDDLE- AND HIGH-SCHOOLS?(24th European College of Sport Scinece)
全件表示(144件)
■ 講師・講演
1. 2021/10/31 自己肯定感とセルフエフィカシーを高める(香川(Online))
2. 2021/01/23 学校の多様性を考える―コミュニティづくりから見た学校改善の課題-(岡山) Link
3. 2020/11/22 学校現場の状況とCBTの応用の可能性(京都(Online)) Link
4. 2020/02/26 青少年のインターネット依存の促進要因および阻害要因を規定する保護者の養育態度と家庭内環境の探索的研究(東京) Link
5. 2020/02/07 学校メンタルヘルスに関わる仕事に活かす学会・論文(岡山) Link
全件表示(6件)
■ 担当経験のある科目
1. 心の健康教育に関する理論と実践(埼玉工業大学大学院)
2. 職場のメンタルヘルスと精神疾患(放送大学)
3. 体育理論(ICU)
4. 保健理論(ICU)
5. 体育心理学(お茶の水女子大学)
全件表示(10件)
■ 資格・免許
1. 2002/03 中学校教員免許状 専修(英語科・社会科・保健体育科)
2. 2002/03 高等学校教員免許状 専修(英語科・公民科・地歴科・保健体育科)
■ 受賞学術賞
1. 2021/02 日本学校メンタルヘルス学会 日本学校メンタルヘルス学会 2020年度 優秀論文賞(北見由奈,清水安夫) (スマートフォンを媒体としたソーシャルメディアの利用に伴う恩恵と負担に関する研究 :テキストマイニングによる探索的検討)
2. 2020/10 神奈川体育学会 神奈川体育学会 2020年度 最優秀論文賞(学会長賞) (表現芸術系スポーツ競技における観戦者の認知的評価に関する研究)
3. 2019/12 日本精神衛生学会 日本精神衛生学会 第35回大会 大会長賞(清水安夫,元永拓郎,早川東作) (学校教師のワークエンゲイジメントを規定する集団効力感についての検討)
4. 2019/10 2019年度 神奈川体育学会 2019年度 神奈川体育学会 最優秀論文賞(学会長賞) (ウォール・クライミングを用いた人間関係トレーニングに関する実践的研究 ― 親子関係を発展促進させるための心理的介入効果の検討 ―) Link
5. 2017/10 神奈川体育学会 神奈川体育学会 2017年度 最優秀論文賞(学会長賞) (大学生のスポーツ参加とポジティブ・コーピングの関連性の検討) Link
全件表示(15件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  教師の体罰を誘発する規定要因の解明にもとづく予防プログラムの開発と検証 基盤研究(C) 
2. 2021/04~2024/03  環境中に放出された人工芝構成プラスチックおよびゴムの水生動物への影響 基盤研究(C) 
3. 2019/04~2022/03  教職員の“幸福”概念はどのように構成され,どうすれば高まるか? 基盤研究(C) 
4. 2019/04~2022/03  クライミングによる親子関係の促進を意図したライフスキル教育プログラムの開発と評価 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2019/04~2020/03  運動部員の部活動適応感およびスポーツパフォーマンスに影響する指導者のコーチング能力に関する研究―部活動指導者へのフィードバック用のセルフ・コントロール感尺度およびコーチング評価尺度の開発― その他の補助金・助成金 
全件表示(24件)
■ 委員会・協会等
1. 2019/04~ 日本ストレスマネジメント学会 理事 Link
2. 2019/04~ 日本学校改善学会 理事・編集委員 Link
3. 2018/04~ 日本学校メンタルヘルス学会 副理事長・国際委員長・編集委員 Link
4. 2016/04~2020/03 日本精神衛生学会 理事 Link
5. 2012/04~2019/03 National Delegate of European Health Psychology Society from Japanese Health Psychology Association National Delegate of Japanese Association of Health Psychology Link
全件表示(13件)
■ 科研費研究者番号
00306515