photo
    (最終更新日:2021-03-14 11:40:58)
  カナザワ,ユウイチロウ   KANAZAWA, Yuichiro
  金澤 雄一郎
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 1984/09~1988/08 イエール大学 統計学部 博士課程修了 統計学博士 Link
2. 1980/04~1981/03 東京大学 経済学部 経営学科 卒業 経済学士
3. 1976/04~1980/03 東京大学 経済学部 経済学科 卒業 経済学士
■ 職歴
1. 2017/04~ 名誉教授, 筑波大学
2. 2004/04~2016/08 教授, 筑波大学 システム情報系社会工学域
3. 2013/04~2016/03 客員教授, 東京大学 大学院総合文化研究科
4. 1995/02~2004/03 助教授, 筑波大学 システム情報工学研究科社会工学系
5. 1991/09~1995/01 専任講師, 筑波大学 社会工学系
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
統計科学, 経済統計, 確率論・統計数学, 経営学, 応用経済学, 社会心理学, 社会システム工学 (キーワード:Non/semi-parametric regression, missing value problem, discrete choice models, asymptotic theory, Bayes estimation, game theory. Application to marketing, industrial organization, organizational behavior, quantitative criminology) 
■ 主要学科目
統計科学、ノンパラメトリック・セミパラメトリック密度関数・回帰関数推定、欠損値問題、一般化線形モデル、離散選択モデル、漸近理論
■ 著書・論文歴
1. 著書  Chapter titled "Trust building in the globalizing workplace of Japan" in C. T. Kwantes & B. C. H. Kuo (Eds.) (in press). Trust and Trustworthiness across Cultures: Implications for Societies and Workplaces.“ Springer Series in Emerging Cultural Perspectives in Work, Organizational, and Personnel Studies pp.139-161 (共著) 2021/02 Link
2. 論文  Re-examining the discrete-choice model through the lens of Aitchison geometry Kokyuroku 2157,pp.117-134 (単著) 2020/06 Link
3. 論文  Examining Trustworthiness in Canadian and Japanese Cultural Context: How to quantify the distance between two groups, each consisting of 3-dimensionally estimated objects? Kokyuroku 2124,pp.112-147 (共著) 2019/08 Link
4. 論文  Asymptotics for differentiated product demand/supply systems with many markets in the presence of national micro moments RIMS Kokyuroku (2091),pp.125-139 (単著) 2018/10 Link
5. 論文  Is product with a special feature still rewarding? The case of the Japanese yogurt market Cogent Economics & Finance 4(1) (共著) 2016/08 Link
全件表示(30件)
■ 所属学会
1. 1986/09~ The Institute of Mathematical Statistics (IMS)
2. 1986/09~ The American Statistical Association (ASA)
3. 1997/01~ The Association for Psychological Science (APS)
4. 2012/01~ International Society for Bayesian Analysis (ISBA)
5. 2015/01~ The Institute for Operations Research and the Management Sciences (INFORMS)
全件表示(12件)
■ 教育上の実績
●作成した教科書、教材
1. 2019/12/01~2020/02/28 BUS306 経営科学
2. 2019/04/01~2019/06/30 ECO216 Statistics for Business and Economics
3. 2020/04/01~2020/06/30 QPPE519 流通・オペレーション管理
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 1994/09 江崎玲於奈プロジェクト: 最も良い授業をしてくれる教官 筑波大学社会工学類
2. 1994/09 江崎玲於奈プロジェクト 最もフレンドリーな教官 筑波大学社会工学類
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(6件)
■ 資格・免許
1. 2009/08 American Red Cross Water Safety Instructor
■ 受賞学術賞
1. 2010 財団法人社会安全研究財団 2009年度一般研究助成の部最優秀報告書 (少年の殺人事件発生率と完全失 業率の長期的関連―日本における1974 年から2006 年までの時系列 データの実証分析.)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2023/03  Aitchison幾何学とNash交渉解による離散選択モデルの精緻化 基盤研究(C) (キーワード:Aitchison幾何学、ash交渉解、離散選択モデル、小売価格の非観測性、契約均衡) Link
2. 2019/07~2020/03  組織において信頼されることの⽂脈に沿った理解︓国際共同研究 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:Trustworthiness, trustfulness, Ability-Benevolence-Integrity framework) Link
3. 2018/04~2021/03  男子性犯罪受刑者に対する性犯罪防止プログラムの処遇内容と受刑者のタイプの交互作用 基盤研究(B) (キーワード:性犯罪、再犯抑止効果、生存分析、一般化傾向スコア) Link
4. 2017/06~2020/03  男子性犯罪受刑者に対する神経生物学的要因を考慮した再犯リスク評価尺度の作成 挑戦的研究(萌芽) (キーワード:神経生理学的検査、再犯抑止、アイオワギャンブル課題、再犯リスク評価) Link
5. 2015/04~2019/03  合理的に行動する生産者と非合理的な消費者パラダイムの実証産業組織論における検証 基盤研究(B) (キーワード:マイクロ・モーメント、マニュファクチャラー・スタッケルベルグ・ゲーム、リテイラー・スタッケルベルグ・ゲーム、垂直ナッシュ・ゲーム、状態依存行動) Link
全件表示(17件)
■ 社会における活動
1. 2019/09~ 顧問教員 ICUコンサルティング Link
2. 1997/07~ アメリカ赤十字安全水泳指導員、アメリカ赤十字 水泳プログラム レベル4
3. 2012/04~2014/03 教会運営委員会委員長、東京カテドラル聖マリア大聖堂・カトリック関口教会 Link
4. 2011/01~2011/12 村長、野尻湖協会 Link
■ 委員会・協会等
1. 2015/12/01~2016/11/30 研究成果公開促進費評価委員会 座長
2. 2014/12/01~2015/11/30 研究成果公開促進費評価委員会 委員
3. 2013/08/01~2014/07/31 アジア研究教育拠点事業事後評価委員会 書面評価委員
4. 2012/08/01~2013/07/31 博士課程教育リーディングプログラム評価委員会 委員
5. 2012/08/01~2013/07/31 日本学術振興会特別研究員審査会および国際事業委員会 委員
全件表示(8件)
■ researchmap研究者コード
1000048116
■ ホームページ
   Yuichiro KANAZAWA at ResearchGate
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 科研費研究者番号
50233854