photo
    (最終更新日:2019-04-06 16:30:49)
  イナバ,ユウシ   INABA, Yushi
  稲葉 祐之
   所属   国際基督教大学教養学部 アーツ・サイエンス学科
   職種   上級准教授
■ 学歴
1. 2002/10/29
(学位取得)
英国ケンブリッジ大学 PhD (Management Studies)
2. 2015/10~2016/08 英国オクスフォード大学 教育学研究科修士課程 高等教育 修士課程修了 修士(教育学)
3. 1994/03/31
(学位取得)
神戸大学 修士(経営学)
4. 1988/04~1992/03 横浜国立大学 経営学部 卒業 学士(経営学)
■ 職歴
1. 2009/04~2011/03 国際基督教大学教養学部・准教授
2. 2007/04~2009/03 大阪市立大学大学院経営学研究科・准教授
3. 2005/01~2005/09 英国オクスフォード大学ハートフォード・カレッジ・訪問研究員
4. 2004/10~2007/03 大阪市立大学大学院経営学研究科・助教授
5. 2003/04~2004/09 大阪市立大学大学院経営学研究科・専任講師
全件表示(15件)
■ 現在の専門分野
経営学 (キーワード:イノベーション、企業家、組織、経営、地域開発、社会問題の解決、地域再生、協働) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  Japan's New Local Industry Creation: Joint Entrepreneurship, Inter-organizational Collaboration, and Regional Regeneration. (単著) 2009/08 Link
2. 著書  キャリアで語る経営組織:個人の論理と組織の論理 (共著) 2010/05 Link
3. 著書  『企業統治』 (共著) 2017/06 Link
4. 著書  「共同企業家:複雑な問題の解決者としての企業家」,宮本又郎・加護野忠男+企業家研究フォーラム 編『企業家学のすすめ』 (共著) 2014/07 Link
5. 著書  『日本のビジネスシステム:その原理と革新』 (共著) 2016/11 Link
全件表示(29件)
■ 学会発表
1. 2019/02/11 近代的企業家輩出プロセスと類型:幕末・明治期企業家46人のキャリアパス分析(第8回 アントレプレナーシップコンファレンス)
2. 2017/07/16 近代企業家の輩出プロセスと類型化:幕末・明治期の革新的企業家46人の分析(2017年度企業家研究フォーラム年次大会)
3. 2014/07/19 社会問題解決のソリューション:結核の事例(2014年度企業家研究フォーラム年次大会)
4. 2014/06/22 社会問題のソリューション生成プロセス:市場化されたソリューション(組織学会 2014年度研究発表大会)
5. 2013/08/31 社会問題の解決原理と企業家:問題解決者としての企業家(2013年度神戸/六甲ビジネスシステム・コンファレンス)
全件表示(24件)
■ 講師・講演
1. 2011/12 経営学、知識、リベラル・アーツ
2. 2011/11 地域をおけるソーシャルビジネス:事業活動を通じた社会問題の解決
3. 2011/10 地域を活かすソーシャルビジネス:事業活動を通じた社会問題の解決
4. 2010/11 地域産業とソーシャル・イノベーション
5. 2010/07 社会問題の解決と企業家:滋賀県長浜市の事例
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2011/07~ 日本ベンチャー学会
2. 2008/09~ 日本経営学会会員
3. 2007/07~ 企業家研究フォーラム
4. 1995/06~ 特定非営利活動法人 組織学会
■ 教育上の実績
●作成した教科書、教材
1. 2010/05/10 稲葉祐之・井上達彦 ・鈴木竜太・山下勝著『キャリアで語る経営組織:個人の論理と組織の論理』有斐閣 Link
2. 2017/06/15 吉村典久・田中一弘・伊藤博之・稲葉祐之著『企業統治』中央経済社 Link
3. 2012/04/15 加護野忠男・吉村 典久編著『1からの経営学』第2版「第9章 国際化のマネジメント」(石井真一と共著)碩学社 Link
4. 2006/12/12 加護野忠男・吉村 典久編著『1からの経営学』「第8章 国際化のマネジメント」(石井真一と共著)
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2003/10~ プロジェクト杉田玄白(http://www.genpaku.org/)への学生参加
全件表示(6件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. ゼミナール所属学生の主要進路実績:・就職 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ信託銀行、明治安田生命、ソニー生命、損保ジャパン日本興亜、野村證券、みずほ証券、ゴールドマンサックス証券、シティグループ証券、あずさ監査法人(公認会計士)、KPMG税理士法人、野村総合研究所、アクセンチュア、PwCジャパン、KPMGコンサルティング、デロイト・トーマツ、マッキャンエリクソン、電通、三菱商事、三井物産、丸紅、豊田通商、キヤノン、NEC、ソニー、カシオ計算機、トヨタ自動車、日産自動車、日立製作所、三菱電機、神戸製鋼、IHI、積水ハウス、森永乳業、日本ハム、ミキハウス、ライオン、3M、クラレ、日清紡、日本航空、全日本空輸、ヒルトンワールドワイド、星野リゾート、商船三井、三菱倉庫、三井倉庫、リクルート、ソフトバンク、マクロミル、ベネッセ、楽天、GREE、日本ユニシス、日本オラクル、日本たばこ産業、NTT西日本、JR西日本、東京ガス、大阪瓦斯、京阪電鉄 ほか 国家公務員総合職試験合格、公認会計士 ほか  ・進学 東京大学大学院、一橋大学大学院、京都大学大学院、慶應義塾大学大学院、航空保安大学校、London School of Economics (LSE)、University of Glasgow、University of Stockholm ほか
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  社会問題のソリューションの生成・展開と問題解決コミュニティのマネジメント 科学研究費補助金 基盤研究(C) 
2. 2014/04~2018/03  企業家と共同企業家:市場と問題解決コミュニティにおける社会問題の解決 基盤研究(C)一般、科学研究費補助金(基盤研究(C)) 
3. 2010/04~2014/03  複雑な問題の解決者としての企業家:地域再生と企業家 基盤研究(C)一般、科学研究費補助金(基盤研究(C)) 
4. 2009/03~2009/03  上海における物流・商業機能をはじめとした都市ビジネスの高度化プロセスについて 学内特定研究 
5. 2007/09~2007/10  ハンブルクにおける都市ビジネスの高度化と持続的発展の研究 学内特定研究 
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 1999/06~ プロジェクト杉田玄白(ボランティアによる外国語文献の翻訳とウェブ上での公開プロジェクト)メンバー
2. 2006~2007 特定非営利活動法人 ソーシャル・イノベーション・ジャパン
3. 2008/07~2009/03 関西学院大学都市創造研究センター『社会起業家育成システムの比較研究』参加
■ 委員会・協会等
1. 2018/08/01~ 日本ベンチャー学会 『日本ベンチャー学会誌』審査編集委員(シニア・エディタ)
2. 2018/08/01~ 企業家研究フォーラム 『企業家研究』編集委員(シニア・エディタ)
3. 2012/01/01~2014/08/31 日本ベンチャー学会 『日本ベンチャー学会誌』審査編集委員(シニア・エディタ)
4. 組織科学(組織学会) 論文レフェリー
5. 日本ベンチャー学会誌(日本ベンチャー学会) 論文レフェリー
全件表示(14件)
■ ホームページ
   https://researchers.icu.ac.jp/icuhp/KgApp?kyoinId=ymdggygsggy
■ 科研費研究者番号
00363995
■ ORCID
0000-0003-3007-6674